マレーシアで働く日本人のための求人サイト|KL-WING

  • ホーム
  • 家族旅行inマラッカ②|海外就職チャレンジ
海外就職チャレンジ

家族旅行inマラッカ②

はい、前回の続きですね。
いつも閲覧頂きありがとうございます。

 

では、早速船に乗るところからです。

マラッカの旧市街を、川から眺めるクルーズに挑戦しました。
オールドタウンを流れるマラッカリバー。

料金は大人21.20RM(530円)子供は7.5RM(190円)

こちらはゆっくりと進み、往復45分くらいの道中で、
色とりどりの街並みが次から次に視界に流れてきて、本当に綺麗♪♪

大人も子どもも楽しめます。

川沿いにはオシャレなバーやカフェがたくさん並び、
観光客が楽しんでいる様子が見えます。
誰もが皆フレンドリーで、ローカル、観光客問わず
みんな手を振って応えてくれます。

こちらではナイトリバークルーズもあるみたいですよ。
夜の街並みもきっと素敵!

十分に川からの眺めを楽しんだところで、
最後はオランダ広場の裏に到着です。

そのままオランダ広場周辺やジョンカーストリートの観光を楽しんで……………。
もう行くとこありすぎ!!!

 

街の奥を進んでいくと、
イスラム教・仏教・ヒンドゥー教・キリスト教などの寺院街が!
違う宗教の寺院が隣接するように並んでいて、
とても不思議な感覚になりました。

イスラム教の院内では中華系の人が、
仏教やキリスト教の院内ではインド人が、
それぞれ真剣に何かを見る眼差しは横から拝見していると、
何とも上手な表現ができないですが、感慨深いものがあります。

お互いの宗教を尊重しあえる環境…素晴らしいですね。

様々な人種の人たちが、ワイワイ楽しそうに写真を撮っていて、
その姿に難しい言葉はいりません。

とってもとっても優しい気持ちになりました。

 

♪~We are the world , We are the children~♪

 

すみません、勝手に歌が降りてきました(^_^)

日本では、宗教や人種について深く考えることも少なかったですし、
異なる宗教の寺院が近くに並ぶ環境も中々ありません。

私たち家族は、今までにない初めての環境に、
感謝をしつつ楽しみました。

 

すみません、また途中で脱線してしまいました。

 

最後は楽しみにしていたナイトマーケット

こちらは18時以降、道路が通行止めになり歩行者天国となり、
一気に道のあちこちで屋台が現れます。

トロピカルジュース屋・お菓子屋・チキンライス屋
ニョニャ料理屋・雑貨屋・ローカルフード屋・お土産屋など、
とにかくローカル屋台が数百くらい??出ております。

なかには棒に刺さった豚一頭丸焼きなんてモノもあり、
見ているだけでとても美味しそうです。

私たちはマラッカで有名な海南鶏飯団のチキンライスを2皿頼みました。
食べてビックリ!
シンプルなのに、美味しい。
鶏の骨のダシをとって炊いたご飯に、
柔らかいチキンがマッチして味つけも絶妙!ホッペが落ちそうです(*´▽`*)。

 

………………ホッペって。(久しぶりに使った気がするw)

結局、1皿追加してしまいました。

 

気がつけば19時前。
11時に到着して、あっという間に帰る時間です。
残念ですが帰りのバスの時間が19時半と迫っていますので、
慌ててアプリで近くにいるUberを呼び駅まで戻りました。

マラッカでの滞在時間は合計8時間と短かったですが、
十分日帰りで行って遊べました。

 

最終的に、今回のわが家のレジャー費は
(交通費・食費・自転車レンタル代・クルーズ代・その他買い食い)
合わせて300RM(7500円)でした。

Σ( ̄□ ̄|||)驚

ミラクル!!!!!
もう一度いいます!!!4人で7500円です。
ちなみに私たち夫婦が一番驚きました。

 

 

そんなこんなで相良家4人のドタバタマレーシア生活は
まだまだ続きます。
それではまた、次回もお楽しみに~

 

Facebook: https://www.facebook.com/klwing.malaysia/
Twitter: https://twitter.com/JobSearch_Asia
Kl-Wingスタッフブログ: http://jobsearch-asia.com/recruit/staffblog
よかったら見てねん。

海外就職チャレンジとは?

海外就職チャレンジは、マレーシア就職を目指す日本人をKL-WINGがトータルサポートし、マレーシアでの就業体験や英語習得を経て、6ヶ月後にはマレーシアで就職を目指すというプログラムです。

海外就職チャレンジ挑戦者

写真

プロフィール:相良 吉臣
愛知県出身、39歳のどこにでもいる普通のおじさん。妻と2人のわんぱく盛りの子供たちと共にマレーシア移住を決意。海外勤務経験ゼロ、英語力は日常生活レベルですが、これからマレーシア就職を目指します!!
→自己紹介はこちら