マレーシアで働く日本人のための求人サイト|KL-WING

  • ホーム
  • 新しいスタート、そして皆さんへ|海外就職チャレンジ
海外就職チャレンジ

新しいスタート、そして皆さんへ

私たち家族も気がつけばマレーシアに来て8か月、
本当にあっという間でした。

最初は何にも見えない未来、どうなるのかもわからない所からのスタート。
家族全員英語は喋れないし、マレーシアには行ったことすらもない。
息子は虫が苦手で、娘は肌が敏感でアレルギー体質。

どうなることかと思いましたが。

でも自然と大丈夫というか、意外と何とかなりました。

ただ方法を知らないから不安なだけで知ったら………。
知ったら世界は近い、これは間違いない。

 

実は今回、私たち家族のように海外へ行きたいけど、
どうしたらいいのかわからない???

新しいスタートの進め方がわからない。今一歩踏み出る勇気がない方々へ、
背中を押すことが出来たらと思い、『最後のブログ』を皆さんへお届け致します。

お仕事について

決まった会社ですが、そこはインターンを通じて出会った会社に自らアポイントを取り、
面接を受け、なんとか自力で内定を貰いました。

その会社は外資系で本社はシンガポールにあり、グループで海外引越事業・総合メディア事業・イベントプロモーション事業・不動産事業・人材派遣業・ビジネスコンサルティング等、多岐にわたる事業を展開しています。

そして私はというと、その会社のマレーシア法人で8月1日より働き始めたところです。
社内の公用語は英語で、ビジネスで使う英語との戦いに日々奮闘しておりますが、
それでも毎日マレーシアで楽しくやっています。

 

子供たちについて

それこそ学校に慣れるのが早かったみたいです。
最初こそ英語が出来なくて大変みたいでしたが、8か月経った現在では先生の言っている内容の6割くらいは、
理解できるようになったと言っていました。

子供たちの成長に嬉しくなります。

特に娘は、日本での英語教育が始まる前に来マした為、親としては心配でした。
しかし現在はお金を渡すと、1人で沢山の人と一緒にレジに並んで、店員さんに注文して食べ物や飲み物を普通に買ってきます。

ここはマレーシアですよ!!!まだ来て8か月ですよ!!!

周りにはマレー人・インド人・アメリカ人・中国人・アラブ人・ネパール人・イギリス人、様々な人種の中に、ちょこんと娘が並んでいる姿を後ろから見た時、娘の成長を目の当たりにして、父親としてこの選択肢を選んで本当に良かったと実感しました。

あの後ろ姿は一生忘れません。

泣きそうですよ、ホント(ToT)/~~~

子供は成長が凄く早い、そして親が見ていない所でドンドンたくましくなっていく。
まだまだ親として負けたくありませんが、自分を超えるグローバルな人間になって欲しいとつくづく思います。

生活に関して

私たち家族はローカルに染まりつつあります。
朝ごはん30円だよとか、息子の床屋が150円だよとか、お肉や魚はここで、野菜や雑貨はあそこがおススメだとか。
家族で美味しいものやお得なものの情報をシェアして、楽しんでおります。

8か月前には想像も出来なかった世界があり、そして私たち家族の世界観も果てしなく広がりました。
これからもっと大変なこともあるでしょう、日本が恋しくなる時もあるでしょう。

でも私たち家族は今、マレーシアで元気に楽しく生活ができていて、
さらにこれからやりたいことも沢山あるので、それに向かって走り出しています。

 

これからマレーシアに移住を考えている皆さんへ。

私たち家族はマレーシアに来て、本当に良かったと思います。
こっちのゆっくりした時間にも少しずつ慣れてきて、今思うこと。

人生は1度きり!
ホントにやりたい事をやらないと、もったいない。
人生何歳になっても楽しみたい。

もう歳だからとか、お金が~とか、タイミングがとか、
仕事が………家がとか言っている場合ではない。

私はやらない後悔なら、やった後悔のほうがいいと思ってます。

“やらないとずっと動けない、でもやってしまったら動くしかない。”

 

当たり前の、よく聞く言葉です。
しかし、何人がホントにそう思って動くのでしょう???

 

海外では待っていても誰も何も言ってくれません。
自分から動いて、初めてそこから始まるのです。
私たち家族は、これからもっと進化をしていきます。
基本は楽しく、そして楽に生きたいと思います。

 

最後になりますが、あまり役には立つ情報は少なかったかもしれません。
でもいつか、私のブログを見てマレーシア移住を決めましたという方がいたら、それは幸せだなぁとか逢いたいなぁとか………。

そんな事を勝手に夢見つつ………。

 

これからもそんなこんなで英語の喋れない一家4人のドタバタマレーシア生活はさらに続きますが、一旦ブログは今回で終了となります。

最後は最初から最後まで、ずっとお世話になりっぱなしのKl-Wingの皆様、
マレーシアでお世話になりました日系企業様、
EMS語学学校様、
さらに大勢の関係者様、

本当に、本当に、本当に、

ありがとうございました。

 

 

 

Yoshiomi Sagara

海外就職チャレンジとは?

海外就職チャレンジは、マレーシア就職を目指す日本人をKL-WINGがトータルサポートし、マレーシアでの就業体験や英語習得を経て、6ヶ月後にはマレーシアで就職を目指すというプログラムです。

海外就職チャレンジ挑戦者

写真

プロフィール:相良 吉臣
愛知県出身、39歳のどこにでもいる普通のおじさん。妻と2人のわんぱく盛りの子供たちと共にマレーシア移住を決意。海外勤務経験ゼロ、英語力は日常生活レベルですが、これからマレーシア就職を目指します!!
→自己紹介はこちら