マレーシアで働く日本人のための求人サイト|KL-WING

  • ホーム
  • インタビュー記事 - マレーシアで頑張る日本人 -|橘高 佐保 [26/07/2017]

インタビュー記事 - マレーシアで頑張る日本人 - |橘高 佐保

いつでも相手の気持ちに寄り添える人でありたい。橘高 佐保

ヨガインストラクターから人材コンサルタントへ大きなキャリアチェンジをした橘高さん。しかし心がけていることは今も昔も変わらないのだそう。

好きなことを仕事に。

まずは簡単にご経歴を教えてください

新卒でヨガのインストラクターとして働いていました。
もともと小さい頃からお芝居やダンスをしていて、大学生の頃からアルバイトでダンスのインストラクターをやっていました。
好きな事の延長線上で仕事がしたかったんです。
長年ダンスをしている仲間や先輩達を見て来て、「支える」側で仕事をすることへも、興味がありました。
現場では、怪我をしてしまったりする方も多く、その方々をケアしたい!という思いが強くなっていったのかもしれません。
インストラクターとしての仕事はとてもやりがいがあり、わざわざ私のレッスンを選んで来てくれるお客様がいることは、モチベーションをあげてくれました。
『あなたと出会えてよかった』というお声を頂いたことが何より嬉しかったですね。

そして、今KL-WINGで働いている。大きなキャリアチェンジですね。海外就職は昔から思っていたのですか?

もともと高校生の頃にはオーストラリアで留学、大学生の頃はイギリスへ留学をしていて、自然と海外は自分の中で近い存在でしたし、いつか海外で働いてみたいなとは思っていました。
ただ、本当に「いつか」と考えていたので、まさかこんなに早く働くことになるとは思ってもいませんでした(笑)。
真剣に海外就職を考え始めたのは2年前にインドネシアで留学をしていたころからです。
実はインドネシアでも留学をしていて、そこではバリ舞踊を勉強していました。

バリ舞踊!何と色々されていますね。では当初はインドネシアで就職をしようとお考えだったのですか?

そうですね、最初はインドネシアで就職活動をしていたのですが、当時は若く、経歴もインストラクターという少し特殊なこともあったので、なかなか就職活動がうまく行きませんでした。
そんな時にKL-WINGを見つけ、マレーシア就職も考え始めました。
そしてKL-WINGに登録をしていたのに、気が付けばKL-WINGで働いているという感じです(笑)。

なるほど・・それもご縁ですね。実際に入社前と入社後のイメージの違いなどはありましたか?

正直、当初はあまり人材紹介会社には良いイメージはありませんでした(すいません・・)
インドネシアで就職活動をしていた際に、あまり相手にされなかった経験などもあり(笑)。
今は逆にそういった求職者の方にお仕事をご紹介する立場なので、今振り返ると経歴も少なく、若かったからなのだとは理解できています。
ただ、実際に働いてみると良い意味でイメージは変わりました。
KL-WINGはまだ小さい会社なのでメンバーそれぞれがアイデアを出し合って話したりと一体感が強いです。
コンサルタントとしては前職でもお客様に対してカウンセリングなど行っていたので、『人を見る』仕事は、現在のコンサルタント業務に活きていると思います。
その他営業もしたり取材もしたりとマルチに日々を過ごしており、やりがいは大きいですね。

スタッフとの打ち上げ時の写真

KL-WINGについて

今後KL-WINGは何を目指していきたいですか?

私自身からの経験もそうですが、人に優しい会社でありたいと思っています。
日々、様々な方からご相談を受けて忙殺されてしまいそうになる時もあります。
もちろん全ての方をベストなお仕事をご紹介できなく苦しいときもあります。
でも、必死なのは私達だけでなくお仕事を探されている方々も同じなので。
親身になって話を伺い、不安や心の蟠りを解消しつつ、マッチしたお仕事を探していく。
いつかまた『あなたと出会えてよかった』と言っていただけるように、私が今できる最善のことを日々行っていきたいと思っています。

この会社の求人をチェックする

【KL-WINGマネージャー】KL-WINGをもっと成長させたいマネージャーを募集します!


■会社概要

KL-WINGはマレーシアクアラルンプールにありますリクルーティング会社です。
現在、KL-WINGの他にもマレーシア人向けのリクルーティング事業も行っております。

弊社はまだ新しく、日々成長をしております。
忙しくても自分をもっと成長させたい、ベンチャー経営に関わりたいといったベンチャースピリットのある方是非ご応募くださいませ!