マレーシアで働く日本人のための求人サイト|KL-WING

KL-WING スタッフブログ

マレーシア|シングルエントリービザの取得プロセス大公開!-2019年版

こんにちは!KL-WING 鈴木です。
海外就職・転職をするにあたって一番気になるビザの問題。
マレーシアで働く為にも、ビザが必携となってまいりますが、自分ってマレーシアでビザ取れるの?と気になる方はこちらの記事↓↓で取得条件を確認してみてください。

マレーシア就職の鍵!就労ビザが取れる人、取れない人 -2019年更新

今回は、ビザの申請が認可され、駐日マレーシア大使館へシングルエントリービザを取得しに行き、就労ビザを手に入れるまでの流れを以前の私の体験談からお伝えいたします。

ビザ申請

就労ビザの申請は内定先の企業がビザエージェントを通じて申請をすることが大多数です。
ただ、申請に必要な物として

・パスポートの全ページコピー(フルカラー・空白ページ含む)
英文卒業証明書

があり、特に英文卒業証明書は発行までに時間が掛かる場合もありますので、マレーシア就職を本格始動されている方は準備しておくと企業から内定をもらい、ビザの申請手続きとなった際にスムーズに事が運ぶと思います。

ビザ申請が通った!

会社に申請書類を提出してから、約2〜3週間後(※)にビザ申請が認可されたとの連絡が!
※シーズンや状況によって異なります。

ビザ認可ということは、これで晴れてマレーシア就職・生活の実現だー!早速マレーシアへ!と思っていたのですが、会社からのメールをよくよく見てみると、Single Entry Visaを取ってからマレーシアへ来てくださいとのこと。
ビザ取得は完了したと思っていたのですが、よくよく調べてみると、今回の連絡はビザを取得する許可が下りたとのことだけで、取得に関してはまだ完了していませんでした。

シングルエントリービザとは?

シングルエントリービザを持っていれば、日本から出国する時もマレーシアへ入国する時も、イミグレーションで自分はマレーシアで就労ビザを取得することを許可されていて、マレーシア入国後にビザを受給しますよという証明になります。
そのシングルエントリービザを取得する為には、東京・渋谷にある駐日マレーシア大使館へ赴かなければなりません。
さらにマレーシア大使館へは申請と受領の2日間行かなければならないのです。

シングルエントリービザ必要書類

◯パスポート
➡︎シングルエントリービザの印が押されるので、家を出る前に最終チェックを!

◯パスポート顔写真ページのコピー 【1部】
➡︎必ずA4サイズで白黒OK!

◯承認レターコピー 【2部】
➡︎ビザ申請が許可されたと会社から連絡が来た時の書類、オファーレターとの混同に注意!

◯航空券コピー 【1部】
➡︎マレーシアまでの航空券

◯Visa Application Form(申請用紙) 【2部】
➡︎個人情報・パスポート情報・勤め先会社情報等を記入

◯証明写真 【2枚】
➡︎ハサミと糊は貸してくれるので貼り忘れてても安心!

☆あったら役に立つかも!?

⚫️ノートパソコン
⇨最悪何かがあった時に助けてくれるかも。。。
鈴木の場合、Application Formを大使館で色々調べながら記入したので、非常に役に立ちました!

⚫️オファーレターコピー
⇨提出書類としては必要ありませんが、Application Formの会社情報(会社名・電話番号・住所)を記入する時に役に立つかなと思って持参(承認レターにも会社情報は書いてあります)

いざ準備を整えたらマレーシア大使館へ!

駐日マレーシア大使館基本情報

住所:〒150-0036  東京都渋谷区南平台町20-16
電話番号:03-3476-3840
開館日:月〜金曜日
休館日:土日、日本・マレーシア祝日
開館時間:9:00~12:30※, 13:30~17:00
※開館時間と申請時間は違うので要注意!
申請時間:9:00~12:00
受領時間:15:00~16:00

マレーシア大使館1日目(申請)

必要書類を何度も確認して、渋谷駅へ。南改札(西口)から出るのが一番ですが、ハチ公改札から出ても大丈夫。
※ただし!同じ南の方角でも、新南口から出たら遠回りをすることになります!(湘南新宿ライン・埼京線ユーザーの方要注意!)

静かな住宅街を抜けると旧山手通りに突き当たり、旧山手通りの左手に見えるのが駐日マレーシア大使館。


門が閉まっていたら、インターフォンを押して「ビザの申請です」と言えば開けてくれます。
門をくぐって右手に守衛室があるので、そこで入館証を貰い、そしていざ大使館の中へ。

・事前に全ての準備をして来た方は、窓口に受付番号の紙があるので、それを取って順番待ちを。
・Application Formを未記入の方は窓口付近の机で内容を記入。
・そもそもApplication Formを持ってきていない方は建物内入ってすぐのところにレセプションで、「ビザの申請で、Application Formが欲しい」と申し出れば、申請用紙を渡してくれます。

受付番号を呼ばれ、窓口の方が全ての書類のチェックをしてくれて、その際に記入漏れなどがあれば即座に記入。(内容は自分で確認して完璧にしておきましょう!)

全てのチェックが完了し、パスポートを預けると下の写真のような引換券を渡されます。

 

引換券を受け取ったら1日目終了。

マレーシア大使館2日目(受領)

1日目に渡された引換券に書かれている日時に再度マレーシア大使館を訪れます。
私の場合、申請日と受領日の間の日が祝日であったため、申請から2日後に行きましたが、ほとんどの場合は申請日翌日(翌開館日)には受領が出来るようです。

引換券で指定された時間が14:00~15:00となっていて、ホームページに書いてある受領時間(15:00~16:00)とは違うのが気になりましたが、大使館自体は開館しているので時期や大使館の都合によって多少時間は変わってくるのかなと思います。

そしていよいよパスポートを受け取ると写真のような印が押されたシングルエントリービザを受領!
↓滲んでいますが、「Single Entry Visa」の印字

 

マレーシア入国後

マレーシアに入国し、会社にパスポートを預けると数日後には「EMPLOYMENT PASS」と書かれたビザが正式に貼付されて戻ってきます。

これで晴れて就労ビザ取得の完了です!!

 

まとめ

シングルエントリービザの申請・受領には書類を準備したり、大使館に2日行かなければ行けなかったりと少々面倒だなと思うこともありますが、この段階を終えれば、あとはマレーシア入国後のビザ貼付を待つのみです。
今回このブログを書きながら、こうした手間のかかることもマレーシアでの生活の始まりだと思って、非常にワクワクしながら準備をしたことを思い出しました!
「ビザは取れたらしいけど、後はどうしたら良いの?」という方の参考になれば嬉しいです!

マレーシア就職・生活での記事もKL-WINGにたくさん載っているので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!

2019年現在、日本人の仕事が急激に増えていて(2017年の3倍のポジション数!)、就職のハードルも下がってきています。

「英語わからん。。。でもこれから勉強したい!」という方でも応募できる語学力不問求人をKL-WINGにてリストアップしているのでぜひご確認ください。

また英語ができてスキルも活かしたい!という方はこちらの全ポジションリストをどうぞ!

それでは!

KL-WING

鈴木